2012年12月7日金曜日

1月号の競書♪ calligraphy work for Jan.

1月号のお手本を全て書き終えました☆

書きながら毛筆部門が素敵な語でしたので、ここでぜひブログを見てくださっている皆さんに
ご紹介しますね♪

敷華就実(ふかしゅうじつ・ 華を敷き実に就く)

"the truth than the surface"


意味は?といいますと。。

外形の美にあわせて内容の充実をはかること。
真なる内面の輝きは、日々あなたが発する言葉、起きて行くことへの発想、考え方
行動にあると思うのです꒰ღ˘◡˘ற꒱

私もがんばろっと^o^

うまく書くポイントは、
1.「敷」の左へんが大きくなりがちです。なので小さく。
2.「華」の真ん中、4つの四角がありますね。それの4角の大きさは上下左右対称に、揃えること。
3.「實」の母は、細めに書いて、頭でっかちにならぬよう、バランスをとることです。

本当はもっとありますが、ま、今日はこのへんで(^.^)

さて、かなや水墨画も書ありますので、そちらの解説はまた今度〜♪


This pic is this month work for my calligraphy class.
Meaning "the truth than the surface."
It tells us that we should enrich inside, not only outside like how we looks.
I believe that ordinary way of thinking, the word fromnmouth and actions simply effects
how we looks, truely...!

I better watch out of me, huh?
Yes I tryyyy.

Anyway, I will point out how to write those work the best way.
1.「敷」It is tend to write left side of radical of a kanji character bigger than the left one.
So try to write about the same left and write.

2.「華」has four same squares. And that is what you have to careful about.
Need to write same size of squres. It might be difficult to write straight line so write slowly.


3.「實」 Write 「母」radical not that big.
Because you want to show another radicals balance nice.

I have many advises more and more but will keep that for next time in my blog.
Look forward for it (^.^)








0 コメント:

コメントを投稿